ステーブルコインを購入する妙味はどこにあるか

仮想通貨の世界ではこのところステーブルコインの話が目立つようになってきています。

このステーブルコインとは一般的には価格変動のない仮想通貨のことを言います。

法定通貨にも香港ドルのように米ドルと一定の幅でペッグ(固定)したペッグ通貨というものがありますが、ある意味ではそれに近い存在ということができます。

現在のところステーブルコインと呼ばれるものには3つのタイプがあると言われています。

ひとつは法定通貨担保型と呼ばれるもので米ドルなどとペッグするものでいつでも法定通貨と交換ができるものです。

ふたつ目は加藤通貨担保型で布袋通貨ではなく主要な仮想通貨を基軸通貨としていつでも交換ができるものになります。

三つめが無担保型と呼ばれるもので特定の通貨を担保とはしないで通貨供給量を調整することにより価値を担保するものがこれにあたります。

表面上考えますとこうしたステーブルコインは売買や送金には利用しやすいものの投機的な対象として考えたときには妙味が感じられないものといえます。

しかし逆に考えますと常に価値が一定に保たれていることから資産防衛という側面でステーブルコインに資金を流入させる価値はあると言えるのです。

またあまりにも詐欺が多いICOに変わってSTOと呼ばれるSEC(アメリカ証券取り引き委員会)のルールに準拠したトークンによる、市場からの資金を調達する動きもではじめています。

これならば価格が安定していますから個人のみならず期間投資家などからも資金を調達しやすくなるというメリットがあります。

ステーブルコインの場合には現物で保有していれば特段コストもかかるわけではありませんが仮想通貨FXで保有している場合にはスワップコストがかかることになりますので、無闇に長期保有しても何もメリットがない可能性もあり、どのような形態で保有するかという点はよく考える必要がありそうです。

いずれにせよステーブルコインは今後かなり多く発行が見込まれるようになっており、仮想通貨の新たな需要として注目されることになりそうで、どのような使い方がもっとも合理的なのか研究する価値はありそうな状況となってきています。

やはり仮想通貨の世界は常に新しい動きをしており既成観念だけではなく新しい視点でその市場を見ていくことが非常に重要になっていることがわかります。常に変化を柔軟に受け入れて理解と認識を深めていくことが大切なのです。