仮想通貨にとって重要なIEOとは

仮想通貨を利用した資金調達法としては「ICO・Initial Coin Offering」がもっとも有名な存在となっていますが、最近では「IEO・Initial Exchange Offering」と呼ばれるものが話題になってきています。

一体「ICO」と「IEO」は何が異なるのでしょうか。

従来のICOではせっかく資金を仮想通貨で調達しても、その間にプロジェクトが逃げてしまうことで投資がうまくできないといった問題が起こっていたことは事実です。

しかしIEOならば取引所内にプロジェクトが掲載されることになるため、従来から取引所を利用しているユーザーに直接出資を働き掛けることができますし、リアルタイムで通常の仮想通貨を売買するのと同じように購入が可能になるのです。

取引所を通すことでプラスに働くのは、取引所事態がIEOの審査を行ってくれるのでインチキくさい事案に資金を投入する必要がなくなることで、ICOが抱えるかなり大きな問題がこれで解決することになります。

またIEO後、取引所に上昇されやすくなるため流通が拡大する可能性もあるのです。

 

それでもなかなか変えないIEO

実際にIEOによる資金調達は海外の取引所ではかなり積極的に行われるようになっています。

しかし、実際には売り切れまでの時間が短く、我先にと買わなくてはならない状況があり、じっくり判断して買えるような状況にはないのが大きな問題になりつつあります。

そのためIPOではありませんが、応募後抽選で購入が可能になるといったプロセスの変更も進みつつあるようです。

実際の中身は取引所にしかわからないという問題もICOは詐欺が多いという基本的な問題がありましたが、イーサリアムを利用している場合にはスマートコントラクトにアクセスすることでどのウォレットからいくら支払われたのかといった履歴をチェックすることも可能でした。

しかしIEOになるとこの部分は取引所しかわからない部分になってしまい、一般的な参加者ではチェックできないといいうデメリットも存在することになります。

こうなるといかに信頼のおける取引所で売買するかが大きなポイントになってくるともいえるのです。

今後IEOが普及すると取引所の役割も大きく変化することが予想されますし、仮想通貨の役割もこれまでのICOとは異なる部分が多くなり仮想通貨マーケットを活性化する手段として期待する部分が大きくなりそうです。

 

IEO

Posted by MIHO