投資対象はビットコインだけではない!こんなにある魅力的なアルトコイン

2019年になり、チャート上昇の傾向が見られるようになった仮想通貨。

仮想通貨に詳しくない人は、仮想通貨=ビットコインと考える場合も多いと思われます。

しかし、実際にはビットコイン以外にも魅力的なアルトコインと呼ばれる仮想通貨が多いです。

今回は、そんな魅力的なアルトコインについて説明します。

 

ビットコイン以外の仮想通貨=アルトコイン

仮想通貨はもともとビットコインが元祖で、その他の通貨は元をたどればビットコインのシステムを参考に作られました。

このため、ビットコイン以外の通貨は「代替のコイン」という意味を込めて、アルトコインと呼ばれます。

アルトコインが現在1,000種類以上存在し、日本においては金融庁が保証しているものだけが取引可能です。

イーサリアム(ETH)

ビットコインに次に知名度がある仮想通貨は、イーサリアムではないでしょうか?

取引量はビットコインに次ぎ、取引市場が活発になっているのが特徴です。

仮想通貨は持っている人が多くなければ取引がし辛いので、流動性の高さもメリットになります。

ビットコインキャッシュ(BTC)

ビットコインキャッシュは、ビットコインを発展させた仮想通貨です。

マイニングがしにくかったビットコインの問題解決を図るべく、難度を調節した通貨になります。

こちらも、知名度を背景に大きな人気を集めています。

リップル(XRP)

カナダの開発者によってつくられた、仮想通貨です。

ビットコインのシステムを応用してつくられた仮想通貨ですが、ビットコインよりも早い決済スピードを誇ります。

そのスピードに関してはかなりのもので、ビットコインでは数分掛かる決済でも、リップルなら数秒でこなせてしまうほどです。

日本においても知名度の高い仮想通貨の一つで、多くの取引所が扱っています。

ネム(NEM)

コインチェックの流出騒動時に大きな話題になったネムですが、仮想通貨そのものには不備は見られません。

ネムの技術は日本の金融機関が試験に利用するなど将来性が高く、今後いろいろな場面で利用される可能性があります。

モナコイン(MONA)

2ちゃんねるのアスキーアート「モナー」をモチーフにしたことで大きな話題を集めた仮想通貨です。日本において大きな知名度のある仮想通貨で、国内で積極的に取引したい人にとっては特に魅力的な仮想通貨といえます。

この仮想通貨も決済スピードの早さが特徴の一つで、人気を集める理由にもなっているのです。

 

未分類

Posted by MIHO